かわいい子供たちの表現に癒され、辛さが緩和されています。決してアーレの心情をつかむことはできなくても、彼のおかれている環境を理解するのに役立つエピソードです。その二つの側面をつなぐのが、パーソナルアバターとして開発されたオリヒメロボット。英語バージョンはこちら,
ノルウェー語バージョン(高画像)続きはこちら→.